ニキビ跡 消す 化粧品

ニキビ跡を消す化粧品おすすめはこれ!にきび対策美容液、化粧水の選び方

ニキビ治療~内服薬~

読了までの目安時間:約 2分

 

皮膚科や美容整形外科でニキビ治療を受ける人も多いと思います。
中でも多くの人が内服薬を処方してもらうのではないでしょうか?
ニキビ跡やシミといったトラブルには効果がありませんが、出来てしまっているニキビには内服薬が効果的です。
ではニキビ治療で使われる内服薬について紹介しましょう。

 

治療で処方される薬は二種類です。
抗炎症剤と抗生物質、この二つが基本となります。
もちろん症状や医師によって違う物が出される場合もあります。

 

抗生物質はニキビの炎症を抑える役割があります。
ニキビの原因となるアクネ菌を殺菌する効果があるので、ニキビ治療に最も効果的です。
抗炎症剤はニキビの炎症を鎮める役割があります。
炎症を起こしている赤ニキビなどは、ちょっとした刺激が大ダメージとなります。
その刺激で跡が残る可能性もあるので、注意が必要です。
抗炎症剤はクリームなどの外用薬としても処方されるケースが多いです。

 

この他にもビタミン剤や漢方薬が処方されることもあります。
こちらはニキビ予防のために飲む内服薬です。
ニキビはないけど、体質的にニキビが出来やすいという人にはこれらが処方されるでしょう。
また皮脂の分泌を抑える薬などもあるので、皮脂が多いという人はこちらの薬が処方されます。
その人の体質によって処方される薬が変わってきますので、処方された薬はきちんと使い切りましょう。

 

ニキビの治療法   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed