皮膚科 ニキビケア

ニキビ跡を消す化粧品おすすめはこれ!にきび対策美容液、化粧水の選び方

皮膚科でのニキビケア

読了までの目安時間:約 2分

 

ニキビをケアするために皮膚科に通うという人も多いのではないでしょうか?
皮膚科では保険が適用される治療法と適用されない治療法があります。
お金に余裕がある場合は適用される方で治療してもいいですが、あまり余裕がない場合は適用される治療法を行いましょう。
では皮膚科で行われるニキビケアについて紹介します。

 

まず適用される治療法から。
治療法には四つあります。
一つ目は外用レチノイドを使った治療。
これは外用薬で毛穴の詰まりを取り除き、ニキビを防ぐという方法になります。
海外ではこの薬を使ったニキビケアが基本の治療法と言われています。
二つ目は抗菌薬を使った治療。
抗菌薬には塗り薬と飲み薬があります。
これは炎症を起こしているニキビに最適とされているので、すでにニキビが出来ている時の治療法です。
三つめはイオウ製剤を使った治療。
これは初期症状のニキビに直接塗ることで、毛穴に詰まった角質を除去して毛穴を開きやすくします。
炎症が行っていないことが条件です。
四つ目は面ぽう圧出での治療。
これは専用の器具を使い、毛穴の角質や皮脂を取り除く治療法です。

 

次に適用されない治療法です。
ケミカルピーリングといい、顔に塗り込むことで古い皮膚を剥がします。
そして新しい皮膚への再生を促す効果があります。
ニキビ跡にも効果がありますよ。

皮膚科でのニキビケアは以上のものがあります。
医師が診断して適切な治療法を施してくれますので、指示に従いましょう。

 

ニキビの治療法   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed