周期ニキビ 理由

ニキビ跡を消す化粧品おすすめはこれ!にきび対策美容液、化粧水の選び方

周期ニキビが起こる理由

読了までの目安時間:約 2分

 

二週間~一ヵ月おきに同じ場所にニキビが出来ませんか?
きちんと治ったと思ったら、また新しいニキビが・・そんな経験は大人になれば誰にでもあるもの。
これは周期ニキビと言って、同じ場所に定期的に出来るニキビのことを言います。
ではなぜ同じ場所に定期的にニキビが出来てしまうのでしょうか?

 

この周期ニキビの原因ですが、ホルモンバランスと仕事などでのストレスなどが原因とされています。
女性は毎月生理がありますよね。
その生理によってホルモンバランスが乱れるのは普通のこと。
特に生理前はホルモンバランスが乱れやすいので、その時期にニキビが出来るという人が多いと思います。
これは生理がある限りどうしようもないことなので、ホルモンバランスを乱さないようにするしか対処法がありません。

 

そしてストレスですが、これも仕事をしている限りは避けられないことです。
しかしストレスはニキビの最大の原因ともいえるので、ストレスを感じたら上手に発散していくことが何よりも大事。
日頃から簡単に出来るストレス発散法を見つけておきましょう。

 

その他にも不規則な生活習慣なども周期ニキビが出来る原因と言えます。
ですので改善できる部分から直していきましょう。
バランスの良い三食をきちんと食べる、質の良い睡眠時間を確保することが大事です。
改善していけば次第にニキビも気にならなくなりますよ。

 

ニキビについて   コメント:0

ニキビを潰してしまうとどうなる?

読了までの目安時間:約 2分

 

ニキビが出来ると気になりますよね。
白いニキビや小さいものならあまり気にしないかもしれませんが、炎症を起こした赤ニキビとなるとかなり目立ちます。
酷くなるとファンデーションでも隠れなくなるので、やはり気になって潰すというのがほとんどではないでしょうか?

 

ただニキビは潰してはいけないというのは誰もが知っていることですよね。
痛みを伴う赤ニキビにしても、痛みを取り除くために潰したら余計に痛くなることもあります。
またニキビ跡ができることも誰もがご存知だと思います。

 

そして目立たなくするために潰すのに、数時間もすればまた元のように赤ニキビに戻っているなんてことありませんか?
潰しても結局赤ニキビは復活するものなので、潰して痛い思いをすることが実は無駄なんです。
またニキビ跡のリスクを高くすることにもなるので、やはり潰すのはよくありません。

 

赤ニキビが出来ると気になるのは誰もが一緒です。
特に周囲の人に「笑われたらどうしよう・・」「からかわれたらどうしよう・・」なんて心配してしまう人ほど潰してしまうのではないでしょうか?
赤ニキビは誰にでもできるものです。
誰もが生きていれば一度は経験することが必ずあるでしょう。
ですのであまり気にしないようにして、赤ニキビには触れないようにすることが一番の治療法です。
ニキビに刺激が伝わると良くないので、とにかく触らないように注意しましょう。

 

必要があれば皮膚科で薬を処方してもらうことをおすすめします。
薬ときちんと塗っていれば、炎症を起こしているニキビでも早く治りますよ。

 

ニキビについて   コメント:0

ホルモンバランスとニキビの深い関係

読了までの目安時間:約 2分

 

女性は毎月生理があるので、どうしてもホルモンバランスが乱れがち。
そしてホルモンバランスが乱れている時期は、ニキビもとても増えると感じていませんか?
実はホルモンバランスとニキビにはとても深い関係があるんです。
ホルモンバランスが乱れることによってニキビもできやすくなるので、乱れないように注意したいものです。
ではホルモンバランスとニキビについて紹介していきます。

 

ホルモンには二種類あることは誰でもご存知だと思います。
一つは男性ホルモン、もう一つは女性ホルモンですね。
この二つのホルモンのバランスが崩れることで体には様々な支障が出ます。
まず男性ホルモンですが、男性ホルモンには皮膚を固くする・皮脂の分泌を増加させる効果があります。
これがニキビの原因となる一因なのです。
そして女性ホルモンは美肌ホルモンとも呼ばれているので、ニキビなどの肌トラブルを解決してくれる効果があるのです。

 

ですので女性ホルモンが多ければ多いほどニキビはできにくくなります。
しかし女性ホルモンが減少することで男性ホルモンが強くなり、それがニキビが出来やすい環境を作り上げてしまうのです。
大事なのは女性ホルモンを一定の量に保つこと
毎月の生理前は特に注意しておくことでホルモンバランスを一定に保ち、ニキビをできにくくすることができますよ。

 

ニキビについて   コメント:0

ストレスでニキビが出来るのはなぜ?

読了までの目安時間:約 2分

 

ニキビが出来る原因には様々なものがあります。
その中でも特に現代人に多いのがストレスではないでしょうか?
ストレスはニキビと深い関係があり、ストレスが溜まることでニキビも増えていくなんてことも。
ではなぜストレスが溜まるとニキビは出来てしまうのでしょうか?

 

人の体はストレスを感じると、男性ホルモンなどが分泌されるようになっています。
この男性ホルモンが厄介なものなんです。
男性ホルモンは皮脂を増加させる効果があります。
また皮膚を固くする効果もあるので、これによって毛穴も収縮してしまうのです。
増加した皮脂が毛穴の中に詰まることでニキビが出来てしまいます。
これがストレスが原因のニキビの理由です。

 

ストレスを全く感じない生活を送ることはまず無理でしょう。
しかし日頃からストレス発散をすることで軽減することはできます。
もし今ニキビについて悩んでいて、日頃からストレスを感じているのならまずはストレス発散法を探しましょう。
きちんと発散していけばニキビも自然に気にならなくなりますよ。

 

それでもニキビが出来るなら、次はスキンケアについて見直してみるといいでしょう。
当サイトではニキビケアに最適なスキンケア用品を紹介しています。
スキンケア用品の実体験についても紹介しているので、ぜひ見てみてくださいね。

 

ニキビについて   コメント:0

ニキビが出来やすい肌質

読了までの目安時間:約 2分

 

若いころからニキビが出来やすい。
そう悩んでいる人は、元々の肌質がニキビ体質なんだと諦めていませんか?
確かに肌質によってはニキビが出来やすくはなります。
ですがスキンケア次第できちんとその肌質を改善することも可能なので、まずは自分の肌質をきちんとチェックしましょう。

 

肌質のチェックはエステサロンなどに行けば行ってくれます。
肌質だけでなく、どんなスキンケアをすればいいかも教えてくれるので、ぜひ一度エステサロンで調べてみてください。
では肌質について紹介しましょう。

 

まずオイリー肌の場合は思春期ニキビが出来やすい肌質です。
思春期ニキビは皮脂の過剰分泌によって起こるものです。
ですので皮脂の分泌量が多いオイリー肌は思春期ニキビが出来やすいのです。

 

次に乾燥肌。
乾燥肌は大人ニキビが出来やすい肌質です。
大人ニキビはフェイスラインなどに特にできやすいニキビです。
その部分は皮脂の分泌量が他の部分に比べて特に少な目。
なぜ乾燥することでニキビが出来るのかというと、乾燥している部分の角質が厚くなるからなんです。
角質が厚くなると、毛穴を塞いでしまうことになります。
そうなると皮脂が毛穴の中に詰まってしまい、それがニキビの原因となるのです。

 

肌質はスキンケアがとにかく重要です。
自分の肌質がわかったら、それに合うスキンケア方法を探しましょう。

 

ニキビについて   コメント:0

ニキビが出来る原因

読了までの目安時間:約 2分

 

顔の至る所にニキビが・・そうなっては外出するのも億劫になってしまいますよね。

特に髪で隠れない部分にニキビが出来ると、恥ずかしくてどう隠そうかと悩んでしまうと思います。

そもそもなぜニキビは出来るのでしょうか?

ニキビが出来る原因は様々です。

ここではニキビの原因について紹介します。

 

原因はたくさんありますが、一つ当てはまる人もいれば複数当てはまる人もいます。

では紹介しましょう。

・日常生活のストレス

・生理などによるホルモンバランスの乱れ

・皮脂が過剰分泌している

・潤い不足による肌の乾燥

・毛穴の詰まり

・毛穴の中で細菌が繁殖している

・両親からの遺伝

・睡眠不足によるもの

これらが主な原因となるものです。

たくさんあるので、いずれかに当てはまる人も多いでしょう。

 

両親からの遺伝となればそれはどうしようもないことですが、その他の原因については改善することが可能です。

生活習慣の改善、スキンケア化粧品の見直しなどすぐにでも出来ることは多いと思います。

ホルモンバランスの乱れについては、ホルモンバランスを整えるサプリなどを飲むことをおすすめします。

薬局でも販売されているので、ぜひお試しください。

 

ニキビについて   コメント:0

ニキビ跡について

読了までの目安時間:約 2分

 

ニキビが出来てしまい、きちんとケアしたものの跡になってしまった・・。

こんな経験はありませんか?

ニキビ跡は誰でも一度は経験したことがあると思います。

そしてその後のケア次第で、跡が残るか残らないかが変わってくるのです。

このニキビ跡にも三つの種類があります。

もし当てはまるものがあればそれはニキビ跡なので、今からでもきちんとケアしておきましょう。

 

ではニキビ跡の種類について紹介します。

・炎症を起こしたニキビの部分に色素沈着を残すシミのニキビ跡

・炎症が引いてもずっと赤いままの赤みのニキビ跡

・肌が大きく陥没し、クレーターのようになってしまう凹凸のニキビ跡

この三つが主なニキビ跡となります。

 

シミや赤みに関してはケア次第で比較的治りやすいものと言えます。

しかし凹凸ともなると中々治療は難しいもの。

凹凸となるのはニキビが炎症を起こし、膿んだ状態のものです。

ですのでニキビがそこまでの状態にならないように、事前に注意しておきましょう。

酷い場合は皮膚科に通って治療しなければならないので、充分に気を付けておいてくださいね。

 

ニキビについて   コメント:0

思春期ニキビと大人ニキビ

読了までの目安時間:約 2分

 

ニキビには大きく分けて二種類存在します。

思春期ニキビ大人ニキビです。

どちらも聞いたことがあるのではないでしょうか?

これは名前の通り、世代によって変わります。

思春期ニキビは十代の頃にできるもので、二十代以降は大人ニキビとなります。

ではこの二つにはどんな違いがあるのでしょうか?

 

まずは思春期ニキビ。

思春期ニキビは未熟な毛穴に皮脂が溜まることで起きるものです。

つまり体が完成していない若い世代に起きるニキビのこと。

これは皮脂量のコントロールをすることで防げるので、元々の肌質に合った化粧水を使うことが重要です。

 

次に大人ニキビ。

大人ニキビは乾燥していることで起きます。

乾燥すると肌のバリア機能が下がり、ニキビが出来やすい状態となります。

乾燥によって毛穴の角栓も詰まりやすくなるので、それがニキビの原因となるわけです。

これはとにかく肌に潤いを保たせることが重要です。

高い保湿力を持った化粧品や、こまめに潤い補給をすることで防げます。

 

このように思春期ニキビと大人ニキビの違いはニキビが出来る原因です。

そしてケア方法もそれぞれで違うので、どちらかによってケア用品やケア方法を変えなければなりません。

元々の肌質のこともあるので、最適なケア用品を見つけましょう。

 

ニキビについて   コメント:0

ニキビの種類

読了までの目安時間:約 2分

 

ニキビと一言で言っても、その種類はたくさんあります。

赤くなるものもあれば白くなるものもあり、他にも黒ずんで見えるものもあります。

それらは全てニキビなのですが、ニキビによってケア法が変わってきます

ですのでまずはニキビの種類について知りましょう。

 

ではニキビの種類を紹介します。

・角栓で毛穴が塞がれ、その毛穴に皮脂が溜まった状態の白ニキビ

・毛穴の皮脂が表面に現れ、酸素によって酸化し黒ずんで見えるのが黒ニキビ

・毛穴が炎症を起こした状態の赤ニキビ

・炎症が悪化し、膿んで黄色く見える黄色ニキビ

・炎症が最も悪化した状態で、毛穴の中に膿と血が溜まっている状態の紫ニキビ

この五つが主なニキビの種類です。

 

これは上から順に初期段階→最終段階となります。

つまり白ニキビは初期段階のニキビ、紫ニキビは最終段階のニキビです。

赤ニキビの時から、治療後にニキビ跡になる可能性が高くなります。

紫ニキビともなると、ほぼ間違いなくニキビ跡になります。

ですので紫ニキビは放置せずに、最適な方法で治療することをおすすめします。

 

ニキビについて   コメント:0